ラサラス女神綺譚

第12話 スヴェンA

 

 

 かつてルクレール公爵家が統治していたザニアの地は、現在はヴィクトール参謀長の親族がアリア様の代わりに統治している。アルファルドの手に落ちていた時はすさまじい荒れようだったらしいが、アリア様が奪還に成功されてからは、すぐ北に参謀長の出身地ポルックスがあったことも幸いし、あっという間に昔の平穏さを取り戻していった。それとは対照的に、アルファルドのザニア侵攻を裏で手引きした大臣ブラトフの息のかかったシュルマは金の流れが悪くなり、治安も悪化した。そして、現在では盗賊が出没したり、アルファルドからの密偵が入り込む隙が出来てしまっている。

 ガウェイン殿下はこの地を何とかしたいようだったが、国王陛下ご存命中の今は陛下の煮え切らないご意思に従うしかなく、こうやって我々ヴァルキリー隊を時折送ってちょこちょこ討伐していくしか現状出来る事はないらしかった。・・・というのが公式の見解と言うべきか、国民誰もの考えなのだが、俺は違うと思っている。だって、あのガウェイン殿下とアリア様だぞ? 10 年も敵国の自由にさせていたザニアを、 100 人の訓練兵のみであっという間に奪還してしまったあのお 2 人が、そんな温いことをするわけがないだろう?さらに後ろには、数々の戦歴を持つヴィクトール参謀長まで控えている。

 きっと、アルファルドからの密偵も、ガウェイン殿下は全て把握なさっている。国内で誰と接触を持ち、どこに身を隠し、何を探っているのか。こんなこと不謹慎だが、国王陛下は先があまり長くないと聞いた。きっと陛下が崩御し、全ての権限がガウェイン殿下に移った瞬間、全ての内通者を捕らえるのだろう。シュルマに派兵しているのは、俺はパフォーマンスと軍事訓練、そして単なる現地視察だと考えている。今回だって俺の力量を測る訓練みたいなものだ。現段階では「ガウェイン殿下はシュルマの地をお見捨てになったわけではない」と見せつけ、陛下の崩御後速やかに反対勢力を一掃すれば、ガウェイン殿下の株もそれはそれは上がるだろう。国王陛下は何も出来なかった、ガウェイン殿下こそ国王にふさわしい、と。それはつまりご自分のお父上の株を下げることにも繋がるが、きっと殿下はそんな事気にはなさらないはずだ。

 

「いいかスヴェン、今回の討伐戦がお前のまともな初任務となる。ただの討伐戦じゃない、お前の能力を見るためのものでもある。緊張するなとは言わない。失敗してもしょうがないとも言わない。緊張しながらでも、失敗するな。常に周りを見ろ。敵と仲間の適性を把握し、動きを予測し、自らの力を最大限仲間のために生かせ。いいな」

 遠征前にアリア様から掛けられた言葉は、すさまじいレベルの無茶振りで、重い重いプレッシャーとなって俺の肩に圧し掛かった。

 俺がヴァルキリー隊に入隊できたのは、エグモントさんとルシウスさんが推薦して下さったからだ(と聞いた)。でも、入ったはいいが、隊長であるアリア様は俺のことをどう見ているんだろう。もしかしたら、俺のことをまだ何も知らないのかもしれない。この討伐戦、もしも俺がアリア様の望むような働きを出来なかったとしたら、除隊されてしまうのだろうか・・・。

 そんなことをひたすら考え、そして、遠征の結果がこれだ。

「スヴェン、お前の有効射程距離は?」

「 50 メートル前後です。動いている対象の急所を狙うなら、多分、 30 メートルくらいです」

「足りない」

 ヴァルキリー隊は、俺の知るところ全部で 5 人。二刀流の魔法剣の使い手のアリア様を筆頭に、剣術ではラサラス国内で右に出る者はいない(アリア様を除いて)と謳われるエグモントさん、回復魔法からありとあらゆる魔術に精通しているハンジさん、短剣や小さな魔法での工作を得意とするヨルクさん、そして、弓使いの俺。皆が近距離攻撃を得意とするなか、俺だけは遠距離を得意とする。つまり、ヴァルキリー隊の攻撃範囲を広げるため、俺は入隊させられたのだと理解している。その意味では、この 50 メートルという距離は、なかなか上出来なんじゃないかと思っていたんだけども。

 アリア様曰く、『足りない』。・・・俺の知る限り、弓使いでこの距離はなかなか優秀な方ではあるんですが。

 拿捕したアルファルドの工作兵をシュルマ駐屯のラサラス兵士に引き渡しながら、アリア様は呟いた。

「・・・ 300 」

「え?」

 何の数字だろうか。話の流れからは推測できなくもないが、ちょっと、現実の数字とはかけ離れすぎていて。アリア様が見上げた。大きな翡翠色の瞳が、俺をしっかりと捉える。

「 300 メートル先の敵の急所が狙えるようになれ。動いている相手を対象とするなら、 100 メートル。これ以上は譲れないな」

 アリア様は俺の話を聞いていたのだろうか。・・・いや、この笑みは全て分かって仰っている。

「お前、私が何故お前を近衛に呼んだか分かっているだろう?これから先自分に与えられるであろう役割も、予測がつくだろう?・・・それを踏まえた上で、私はお前に注文を付けているんだよ。それくらい狙えなくては困る、とね?」

 はい、まぁ、そういう意図の発言だということは分かるのですが・・・

「簡単だろ?自動追尾と視力補助の魔法をくっ付ければいいんだよ。そうだな・・・ま、 1 ヶ月で出来るようになれ。それ以上は待たないぞ」

 いや、その、理論上は分かるんですが。その、・・・ 1 ヶ月で?・・・いや、ちょっと待て。今アリア様の仰ったこと。

 『私が何故お前を近衛に呼んだか』って・・・アリア様が俺を近衛に?エグモントさんとルシウスさんの推薦じゃなかったのか?

「魔導具が必要なら、アルベーを頼るといい。アルベルト・セレスタン・アルドロバンディーニ。私の友人だ。」

 アルドロバンディーニって言ったら、侯爵家で、国内で最も古くから魔法の研究をしている名家じゃないか。しかもアルベルト様はヒルダガルデ王女殿下とご結婚された方・・・

 い、いや。その前に。

「アリア様」

「なんだ?何か不満でもあるのか?」

「い、いえ!あの、さっき仰ったこと・・・その。アリア様が俺を近衛に呼んだんですか?エグモントさんと、ルシウスさんの推薦じゃなく・・・ですか?」

 アリア様は「あっ」と言って、口を押さえた。話を聞いていたエグモントさんが、遠くで小さく溜息をついている。

「そんなこと、私が言ったか?」

 とぼけたぞ、このお方。

「ほら、もう任務は終わったんだ。帰還するぞ!」

 

 馬に跨ろうとしていたところ、ハンジさんがこっそりと教えてくれた。

 アリア様が軍事演習の際に俺に目を付け、アリア様が直々に推薦して下さったこと。エグモントさんとルシウスさんはアリア様からの命で俺の事を調べ、アリア様と共にガウェイン殿下へ奏上して下さったこと。そして、まだ 17 の若輩者の俺を、アリア様自ら指導し、ご自分の右腕になるよう育てたいと仰っていたこと。

 俺が、アリア様の右腕に?アリア様が、それを望んでいる・・・??

 士官学校時代の俺は大して目立ちもしなかったし、その後の兵士としての生活も、勤勉を心がけてはいたが、総兵士長閣下の目に留まるような働きなんて出来なかった。それなのに、どうしてだろうか。

「悩んだってどうしようもないよ。」

 ハンジさんは俺に言った。

「アリアが君のこと『才能がある』って言ったんだから、自分の自信につなげたらいい。決して驕らず、自己研鑽に励んだらいい。自分が力不足だと思うのなら、十分だと思えるまで努力すればいいさ」

 ハンジさんも、アリア様の同級だったはず。クリッツェン子爵家の次男で、兄君は財務省の高級官僚、弟君はシャウラの士官学校を卒業し、現在はヴィクトール参謀長直属の部下として働いているとか。名門の血筋なのに威張ったようなところは一切見せず、平民の俺にもニッコリと愛想よく笑いかけてくれる。

「・・・アリア様の周りには、優秀な人材が集まるんですね」

 一方の俺は、どうだろうか。アリア様の思うような働きが出来るのだろうか。

「あはは、違うよスヴェン。」

 大げさな手振りで、ハンジさんは言った。

「アリアの周りに優秀な人材が集まるわけじゃない。アリアが周囲にいる僕たちを、優秀な人材になれってせっつくんだよ。・・・アリアは不思議な子さ。あの子と一緒にいると、僕たちはあの子の期待に応えたくなるんだ。そして、ずっと一緒に肩を並べていたいって思うようになるのさ。まだ君には分からないかもしれないけど、アリアは・・・」

「ハンジ!スヴェン!置いてくぞ!」

 アリア様が大声で呼んだ。ハンジさんは「頑張れ」と俺に目配せして、髪と同じ銀白色のたてがみの馬に跨ってかけていった。俺も慌てて馬に飛び乗る。

「勘違いするなよ」

 後ろから声がしたので、俺はびっくりして手綱を離しかけた。振り向くとそこには、いつの間にかエグモントさんがついていた。

「あいつの右腕は俺だ。俺は死ぬまでその座を譲らないからな」

 鋭い眼光に俺は気圧され、か細い声で「はい」としか言えなかった。・・・当たり前だ、エグモントさんを超えるなんて今の俺に出来るはずがない。

 

 今の俺には。

 心の中がざわざわするのは、きっとここシュルマの空気に慣れないからだろう。

 

「スヴェン!」

 またアリア様が声をあげた。

「今日から私に『様』はいらないからな!」

 ・・・無理です。呼び捨てになんて出来ません・・・ホラ、エグモントさんがめっちゃ睨んでるし。

 

2014 March 14 芹沢アツキ


トップ  戻る  次へ  時系列順目次